株式会社ソーシャル・スパイス・カンパニー

お問い合わせ

会社情報

トップページ>会社情報

企業理念

社員一人一人が社会を変えるスパイスになる

「ソーシャル・スパイス・カンパニー」
この社名には、お料理を引き立たせるスパイスの役割と同様に、
障害のある方々が一つのスパイスとして一般社会で働き、
共に暮らすことで、社会がより良いものになってもらいたいとの願いが込められています。

その思いの実現に向け、社員一人ひとりが「スパイス」として
自身の力を活かすことで会社だけでなく、社会全般に貢献していくことを
ミッションとしています。

代表メッセージ

代表者 児玉 幹彦 Mikihiko Kodama

“障害がある方に就業機会をつくり、仕事を通して豊かで充実した生活を送れる社会をつくる”との思いから、2010年、株式会社ソーシャルスパイスカンパニーを設立、当時 川崎市では初となる就労継続支援A型の事業所「Bi-z Labo」を 開所

「働く楽しさ・喜び・幸せ」のある職場を提供したい

障害者雇用率はここ数年で障害者雇用促進法等の改正を背景に年々上昇傾向にあり、障害があっても一般企業で働けるケースが増えてきました。実際に当社でも会社設立以来、様々な業種業界の企業へ就職者を数多く輩出してきました。
当社では障害を持ちながら一緒に働く仲間を「パートナー」と呼び、そのパートナーの多くは、彼らの持つポテンシャルを活かしきれていなかっただけであり、「会社で働く」という経験を通して自信と実力が備わり、何より「働く楽しさ」を感じることで「意欲」が出てきた結果、企業への就職へつながったのだと思うのです。
障害がある皆さんにもっともっと働ける場所をつくり、いろいろな仕事を通じて「働く楽しさ・働く喜び・働く幸せ」を感じてもらえる職場をこれからも提供できればと考えています。
また、企業に対しても障害理解、可能な職務の発見や障害を持つ方々を迎え入れる職場環境の再設計など障害のある方々へのかかわり方の支援にも力を入れ、障害のあるなしに関係なく、皆が混ぜこぜになって同じオンステージでふれあえるボーダレスな社会を実現してまいります。

役員紹介

企業的センスで障害者福祉に新しい風を 取締役 白井 正

福祉、支援を学んだり、携わった経験がない者だからこそ描けるもの。適切な資源配分と必要な投資を行うことで、障害のある人が生き生きと働ける組織の一端を担っていくことがモットー。

高齢、障害問わず、福祉が熱い! 取締役 三嶽 義勝

ソーシャル・スパイス・カンパニーのグループには、高齢者リハビリデイサービスを行っている企業があります。福祉に携わりたいというスタッフ一人ひとりの熱を力に社会を変える一助となっていきます。

障害のある人とない人とを結びつける仕組みを世の中に 取締役 阿部 潤子

日本の大学で福祉を学び、豪州の大学院で障害者施策について研究。現地で、障害者支援を行うNGO団体と連携することで、企業(障害のない人)と障害者を結ぶ活動に興味を持ちました。
帰国後、ソーシャル・スパイス・カンパニーの設立とBi-­‐zLaboの開設に携わり、数多くの就職者の輩出に尽力しています。